太陽光発電で全量買取になる基準は

国は積極的に自然エネルギーの買取を進めていますので、余った電力が無駄になるということはありません。より多くの家庭で太陽光による電気を作り出して使い、余った分は電力会社に売って、無駄にする事なくエネルギーを使ってもらいたいところです。その際、電力の買取方法に二つの方法があるのを知っておく必要があります。余った分の電力を買い取る余剰買取と、発電したすべてを買い取る全量買取です。どちらになるかは太陽光発電システムの規模によって異なり、10kwを基準にそれ以上ならば全量買取、以下ならば余剰買取となります。また、10kw以上となると一般的には企業が太陽光発電事業に乗り出す規模となりますので、産業用と位置付けられます。けれど、一般家庭においても設置可能であるならば産業用と認められ、全量買取の対象になると知っておくことで選択肢が広がります。

全量買取を目指す家庭での太陽光発電は

広い庭があったり、建物を大きく作り、屋根の上にかなりの枚数のソーラーパネルを設置できるとしたら、一般家庭でも10kw以上の規模で太陽光発電が可能となるでしょう。その場合、家庭であっても産業用という位置づけでの発電ということになりますので、全量買取をしてもらうことができます。一般的には10kw以下で設置されることが多い家庭用太陽光発電システムのもとで発電された自然エネルギー電力の場合、家庭で使い、残った分を買い取ってもらう余剰買取という方法になります。発電したすべてを買い取ってほしいと思っても、10kw以下は住宅用ということになり、余剰買取しか認めていません。ただ、一般家庭でも10kw以上の発電が可能であれば産業用になることから、全て買い取ってもらいたいなら10kw以上を目指す必要があります。

電力自由化で太陽光発電の全量買取検討を

これから電力自由化が始まることもあって、安い電力会社を選んだり、さまざまな異業種とのサービスと絡めて電気を契約することができるようになります。そうなると、家庭で太陽光発電システムを用いて発電しているとしても、たとえば通信料がお得になる電気契約を結びたいという人もいるかもしれません。そんな場合には自宅の太陽光発電システムで発電した電気は全量買取をしてもらえたら、電気契約が自由さを増して、選択がより豊富になります。ただ、今のところ10kw以下の太陽光発電の場合、余剰買取しか認められていませんので、まずは作った電気は家で使うのが基本です。とはいえ電力自由化が新たに始まることを思えば、今後は太陽光発電システムで作った電気を規模の如何に関わらず、希望すれば全量買取することを検討する必要があるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*