太陽光発電した電気を全量買取してもらう

太陽光発電で発電した電気は、自宅などで使うほか余った分を電力会社に買い取ってもらうということもできます。その中で、全量買取にしている人もいます。全量買取は買取期間が20年となっていて一キロワットあたりの単価が決められています。因みに2015年7月からは一キロワットあたり27円となっています。発電できればできた分収入にすることができます。そして、逆に発電量が少ないと買取金額も少なくなってしまいます。そして、発電装置もメンテナンスや消耗もしていくので収益性がないと赤字になってしまいます。そのため、設置する場所も重要になります。そのあたりも考えたり、計算をして設置をすることが必要です。設置費用も200万円以上するので、事前に調査をしてどのくらいの収益を上げられるかによって全量買取にするかを決めることが必要です。

太陽光発電の全量買取について

電力を個人で賄うことが、できる時代がきました。その一つの手段として注目されているのが、太陽光発電です。発電量は、どの程度の装置を設置するかによって、変わります。基本的には、ソーラーパネルを、設置できる場所でありながら、太陽光がよく当たる場所が必要になります。作られた電力は、個人の家で使用するか、電力会社に販売することもできます。販売には、全量買取でも、余った電力だけでも、個人で選ぶことができます。それぞれのライフスタイルに合わせて、選択します。電力会社に電力を、販売することで、家計の手助けもできます。個人が、電力を作っていく時代が、到来しました。ただ、電力会社の電気を買うだけではなく、別の可能性が幕開けです。すぐに次のビジネスモデルが、できるわけではありませんが、新たな息吹を感じて、新事業を始めるのも、悪くありません。まだ、始まったばかりの制度は、多くのチャンスを与えてくれるからです。

家庭用太陽光発電の全量買取はできない?

最近、家を新築するにあたって必ず付いて回るのが「太陽光発電をするかどうか」という選択でしょう。銀行に預けてもほとんど利息がもらえないなら、太陽光発電でもやるかという経済的な理由もあるでしょうし、地球環境のことを考えて設置する人もいるかもしれません。さて、家庭用の太陽光発電は基本的に地産地消、つまり自家発電して自分の家で使い、その余った電力を電力会社に売る、という形態で運営することになります。一方、集合住宅の屋根など、ある程度以上の規模の太陽光発電ができるようになると、単位電力あたりの買い取り価格が下がったり、設置時の補助金がなくなったりする代わりに、全量を電力会社に売ることができます。これを全量買取制度と言います。では普通の一戸建て住宅で全量を売ることは絶対にできないのかというと、実はそうでもありません。最近は家庭用蓄電池が徐々に普及してきています。どういうものかというと、電力が安い深夜のうちに電気を買い、蓄電池に貯めておき、朝を迎えたらその蓄電池から放電して家庭電力を賄うというもの。深夜に氷や温水を作っておくシステムがすでにありますが、それを熱エネルギーではなく電気エネルギーのまま貯めておく感じですね。この家庭用蓄電池を導入すれば、そもそも太陽光発電を消費することが極端に少なくなりますから、全量とはいかなくてもそれに近いほどの電力が売れることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*